セラミック治療

白く綺麗なメタルフリー素材に
よる補綴治療
~セラミック治療~

銀歯がお口の中で目立つのが気になることはありませんか?赤羽歯科「池袋診療所」ではかつての虫歯治療痕である銀歯を白く綺麗なセラミック素材に替える提案をしています。セラミックは見た目が綺麗なのはもちろんのこと、金属アレルギーの心配がないメタルフリー素材であることも人気の秘訣です。気になる銀歯をセラミックへの取り替えをご検討の場合は、ぜひ当院にご相談ください。

自然な白い歯になるセラミック治療とは

保険適用の「銀歯」は、日本の歯科医療界で数多くの患者さんに使用されてきた補綴物です。しかし、銀色は口を開けた時に、白い歯の中で非常に目立ってしまいます。そこで、当院ではより白い歯に近い素材であるセラミックを使った治療をおすすめしています。セラミックは、自然な歯に近い色合いをしているのであまり目立ちません。また、金属アレルギーのリスクがない点もメリットです。銀歯など金属の補綴物の場合、時間の経過で黒ずみが発生する恐れがありますが、その心配もありません。さらに、セラミックは歯との接着性が高く、セラミックと歯を一体化させることができるため、虫歯になりにくいことも特徴です。このように、審美性以外にも多くのメリットがあるため、近年では人気が高まってきています。

患者さんの健康を第一に考えた一人一人に合った治療

当院では多くの患者さんからセラミック治療のご要望をいただいており、数多くの経験と実績を積んできました。まず、患者さんからのご要望をしっかりとヒアリングし、現在のお口の状態に合わせた治療法や治療期間など、一人一人に合わせた数パターンの治療計画を提案。なぜこの治療方法がおすすめなのかなど、理由をしっかりと説明し、当院の治療に対する考えもお伝えします。そのうえでどの治療を行うかは患者さんに決めていただきます。セラミック治療をお考えの方は、ぜひ赤羽歯科「池袋診療所」までご相談ください。

法人グループ内の歯科技工士との密な連携

当院の母体である法人グループには、歯科技工所があります。そのため、質の高い歯科技工物や治療をより迅速に提供することを実現しています。綿密な連携を取りながら患者さんのご要望に合わせてグループ内で一貫して対応。また、歯科技工所内にはそれぞれ治療内容に合わせた補綴物の部署があり、セラミック治療の場合はセラミックに特化した歯科技工士も在籍しています。さらに、症例によっては歯科技工士の立ち会いも希望できるので、「高精度の治療が受けられる」と患者さんからもご好評いただいています。

セラミックの種類

e-max

二ケイ酸リチウムガラスという強度と審美性を兼ね備えた素材を主成分とした被せ物です。非常に透明感があるため、天然歯にも負けない綺麗な色調が再現できます。また、強度が高いうえに天然歯に近い摩耗性があるため、噛み合う歯に優しい被せ物です。

メタルボンド

ゴールドをベースにした合金をすべてセラミックで覆った被せ物です。表面はすべてセラミックなので前装タイプと比べて審美性の高い被せ物です。透明感は、すべてセラミック素材を使用したオールセラミックにはやや劣ります。

ジルコニア

人工ダイヤモンドと呼ばれ、人工関節に使われるほど生体親和性の高い素材であるジルコニアを使用した、すべてセラミックの被せ物です。金属と同じくらいの強度を持ちながら、金属アレルギーの心配がありません。金属を使用しないため、光の透過性があり、審美性が極めて高い被せ物でもあります。

ラミネートベニア

歯の表面にセラミックを接着する治療です。表側だけを削るので、他の被せ物に比べて歯を削る量が少なくてすみ、審美的にも優れた治療方法です。