お知らせ

インプラントとは

2021.4.09

目次

こんにちは。

池袋、東池袋、サンシャイン60ビルの歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 池袋診療所」副院長の大竹です。

今回は「インプラントとは」ということで基本的なインプラント治療に関して記述いたします。

【インプラントに関連する記事はこちら】

インプラント治療のリスクは?

骨が少ない場合のインプラント治療

インプラントとは

最近よく聞くインプラントってどういうものなのでしょう。

インプラントとは、歯を失った場合の代わりとなるものです。チタンを使用したインプラント体(人工歯根)を使用します。チタンは生体適合性、長期耐久性に優れた材料です。

他の歯を犠牲にせず、自立して失った歯の代わりとなるため、しっかり咬めて長く持ちます。インプラントを入れることで残っている歯への負担も減るため、残っている歯も長く持つようになります。

 

入れ歯やブリッジとの比較

歯を失った時の選択肢はインプラントだけ?

入れ歯やブリッジも歯を失った場合の代わりになりますが、残っている歯に負担を求めます。入れ歯やブリッジは残っている歯を削ったり、バネをかけたりするので周囲にむし歯が出来たり、審美性が悪くなったりします。

一方インプラントは他の歯を犠牲にせず、自立しているため取り外しの入れ歯やブリッジに比べてしっかり咬めます。

インプラントの長所、短所

インプラントの良いところ、悪いところは?

インプラントは、残っている歯に負担を求めないので他の歯を犠牲にすることがありません。そのためインプラント自体も長く持ちますし、残っている歯への負担も減ります。取り外しの入れ歯のような異物感もありませんし、しっかり咬むことができます。

一方、インプラントは外科処置が必要です。また入れ歯、ブリッジに比較して治療期間が長くなります。また、インプラントは健康保険が適用されません。

 

インプラントの治療期間

インプラントは骨の中にインプラント体(人工歯根)を入れ、安定(オッセオインテグレーション)するまで1.5~3ヶ月位待ちます。その後インプラント体(人工歯根)に人工の歯を作って完了となります。

骨を足したり骨を作ったりすると治療期間が少し長くなることもありますが、長くなる分インプラント体の安定は確実になります。

インプラントのメインテナンス

インプラント治療が終わった後は?

基本的には他の歯科治療後(むし歯治療、歯周病治療)のメインテナンスと同じです。

インプラントはむし歯になりませんが歯周病にはなります。日常の口腔清掃に加え定期的なメインテナンスを行うことでインプラントも残っている歯も長く持ちます。担当の先生、歯科衛生士と相談の上メインテナンス期間を決めてください。一般的には3か月ごとのメインテナンスが多いです。

インプラントも自分の歯も長く持たせたいですね。

インプラントの保証

インプラント体には保証があります。インプラント治療が行われ、メインテナンスに御来院していただくうえで保証対象となります。詳しくは担当の先生にお聞きください。

赤羽歯科のインプラント

赤羽歯科ではインプラント治療を行う際、インプラント専用の手術室で行います。また、インプラント専門部門を設けインプラントに精通した数名の先生とチームを組み、安心、安全なインプラント治療を提供しています。

インプラントをご検討中の方、お悩みの方は是非当院までご相談ください。

インプラントのことなら池袋、東池袋、サンシャインの歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 池袋診療所」までご来院ください。

赤羽歯科池袋診療所は

サンシャイン60ビル8F
池袋駅東口から 徒歩8分
東池袋駅(東京メトロ有楽町線)から 徒歩3分 雨に濡れずにご来院いただけます。

監修者情報

副院長・歯科医師

大竹

2003年3月 国立新潟大学 歯学部 卒業
2003年5月 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 池袋診療所 勤務
2012年4月 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 池袋診療所 医局長就任
2013年4月 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 池袋診療所 副院長就任

日本口腔インプラント学会 所属
日本顎咬合学会 所属 認定医
一般社団法人インプラント再建歯学研究会 所属
厚生労働省認定臨床研修指導歯科医
医療法人社団歯友会 インプラントセンター 所属

一般的なむし歯、歯周病の治療からインプラント、審美歯科と幅広い分野の治療に対応しています。治療を受けた方が長い間快適な生活を送れるよう一人一人に真摯に向き合い、丁寧な治療を行うことを心掛けています。 また、むし歯、歯周病を未然に防ぐ予防歯科にも力を入れていますので何かお困りのことがある方も、お気軽にご来院、お声がけください。