お知らせ

フッ化物歯面塗布(フッ素塗布)について

2022.7.17

目次

こんにちは。池袋、東池袋の歯医者 赤羽歯科池袋診療所の歯科衛生士片山です。

今回は「フッ化物歯面塗布」についてお話したいと思います。

フッ化物歯面塗布は、萌出後の歯の表面に直接フッ化物を作用させることによって、むし歯抵抗性を与える方法です。
萌出して間もない歯は、歯としては未熟なためむし歯になりやすい反面、フッ素を取り込みやすいという特徴があります。
そのため特に乳幼児から永久歯が成熟する15~18歳くらいまでの間、年2~3回程度フッ素塗布を行うことが
虫歯予防に効果的です。

しかし比較的高濃度(9000ppm)のフッ化物を用いるため、
歯科医師・歯科衛生士が専門的に歯面に塗布します。
また成人の患者さんでは根面むし歯の予防として実施されています。
矯正治療中の患者さんや唾液流量の低下している人などむし歯になるリスクの高い人に対しても、
他のフッ化物応用法に加えて実施されています。

 

フッ化物の効果を説明していきますが、その前にそもそもなぜむし歯になってしまうのか
という説明からさせていただく必要があります。

むし歯になってしまう仕組み

歯の表面の歯垢には多くの細菌が住んでいます。
この細菌は、食べたものに含まれる糖質を分解して酸を作ります。
この酸により歯の表面は酸性になり歯が溶かされてしまいます。これを「脱灰」と言います。

この脱灰が続くと歯が崩れてむし歯になってしまいます。

口の中から食べ物がなくなると、細菌は酸を作ることをやめ、
唾液により口の中は中和され歯の表面は中性に戻ります。
口の中が中性に戻ると、唾液中のカルシウムが酸で溶け出した脱灰部分に再沈着して修復され、
元通りの歯に戻るという仕組みが働きます。これを「再石灰化」と言います。
口の中では食事の度にこの脱灰と再石灰化が繰り返し起こり、むし歯の発生と修復が行われているのです。

フッ化物が虫歯予防に効果がある理由

むし歯の発生には先ほど述べた脱灰と再石灰化のバランスが重要なのですが、
フッ化物は脱灰と再石灰化の両方に作用してむし歯を予防してくれます。

フッ化物の効果として、
1,再石灰化の促進
2,歯質の耐酸性の強化
3,むし歯が酸を作ることの抑制

があり、フッ化物を歯面に塗布することはむし歯予防に効果的なことがわかります。

フッ化物の種類、効果を上げるためには

フッ化物歯面塗布剤の種類は主に3種類あります。

1,ゼリー状

2,液状

3,泡状

この中で当院ではゼリー状のものを使用しています。
ゼリー状の利点としては、塗布しやすく歯の表面に留まりやすいことが上げられます。
当院では虫歯予防の十分な効果を得るために、
フッ化物塗布をした後30分間はご飲食を控えていただいております。

フッ化物歯面塗布は単に1回受けても効果は得られません。
3カ月~6カ月ごとに定期的に継続して受ける必要があります。
乳幼児に定期的に継続して実施した場合、むし歯が20~40%予防できたとの報告もあります。
つまり継続的なケアを行えばむし歯予防効果が高まるのです。

 

みなさんもむし歯を予防するべく
定期的なクリーニングとフッ素塗布を行いましょう。
池袋、東池袋の歯医者 赤羽歯科池袋診療所でしっかり対応いたします。

 

赤羽歯科池袋診療所は
サンシャイン60ビル8階にございます。
池袋駅東口から徒歩8分
東池袋駅直結3分
雨に濡れずにご来院できます。