お知らせ

新型コロナ感染対策って実際どんな対策をしているの?

2020.9.11

こんにちは。
池袋、東池袋の歯医者 赤羽歯科池袋診療所の歯科衛生士の池田、中村です。
今回のテーマは「新型コロナ感染対策って実際どんな対策をしているの?」です。

以前「歯科治療は新型コロナ感染リスクが高いの?」というコラムを発信しました。
今回は実際に当院で行っている新型コロナ感染対策についてお話しします。
最近、ご来院いただいた患者さんやお電話で、
当院での感染対策についてお問い合わせいただく事が増えています。
新型コロナの感染者数は減らない、でも歯医者に行きたい、ただ歯医者で新型コロナに感染しないか不安。
という方に、このコラムを読んで少しでも安心してご来院いただければと思います。

① 検温
受付にて検温を実施しています。37.5度以上の発熱がみられる場合には、
ご予約の変更・延期をお願いする事もございますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

② リステリン洗口
診察台へお通しした後、診察前にリステリンでお口をゆすいでいただきます。
リステリンには殺菌効果があります。30秒間お口をゆすぐと口腔内のウイルスの活動を抑制する効果が認められた洗口剤です。

③ 器具の消毒・滅菌
使用した器具は毎回、高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)にかけています。
滅菌にかけられないプラスチック製の器具は、グルトハイドプラス3.5%液に浸けています。

④ アルコールでの手指消毒
受付に入ってすぐ下駄箱付近に患者さん用のアルコールが置いてあります。
来院時には手指消毒をお願いいたします。歯科医師・歯科衛生士は診察前にアルコールで手指消毒を行っています。
※写真は通常時のアルコールです。入荷状況などにより、写真とは異なる場合があります。

⑤ 診察台の清拭
当院には強酸性電解水を生成する装置があります。
生成した強酸性電解水を含ませたタオルで治療後の診察台全体を拭きます。
さらに細かい所もアルコールワッテで拭きます。

⑥ マスク着用
感染対策の為、歯科医師・歯科衛生士・受付の全スタッフがマスクを外さずお話しをさせていただいています。
カウンセリング、ブラッシング指導などの時もマスクを着用したままですが、ご理解いただけますようお願いいたします。

⑦ 口腔外バキューム
歯のクリーニングや歯を削るとき、かぶせ物・入れ歯を削るときに、
空気中に浮遊している粒子(エアロゾル)が診療室内に広がらない為に強力な吸引力の口腔外バキュームを使います。

⑧ ゴーグル着用
口腔外バキューム同様、治療中のエアロゾル感染対策の為にゴーグルを着用しています。

⑨ 待合室の3密を避ける為の対策
治療前と治療後の患者さんで待合室が混み合ってくる事があります。
スタッフ間で連携を取り、診察出来る場合は予約時間より少し早めにご案内することもあります。
(そのときの状況により異なります。毎回必ず予約時間より早めにご案内出来るとは限りません。)
診察が終了した患者さんにはお会計の準備が整うまで診療室内でお待ちいただく事もあります。

以上の通り、当院では新型コロナ感染対策をスタッフ全員で行っております。
新型コロナ感染が広がる前から当院では、院長の方針の下
「整理、整頓、清潔、清掃、躾(決められたことを習慣付けておくこと)」を徹底しております。
痛みなど症状がある方、治療途中だった方、定期的なクリーニングに来られなかった方、初めて来院される方も、安心してご来院ください。

赤羽歯科池袋診療所は
サンシャイン60ビル8階にございます。
池袋駅東口から徒歩8分。
東池袋駅直結徒歩3分。雨に濡れずにご来院できます。